伊花で扱っているマリメッコのヴィンテージ布で、表か裏に線が入っているものがあります。

それは、手染めでプリントしていた時代の布に見られるもの。大きな枠を使って、長い布に手染めしていましたが、枠を移動する時にその型が裏側に残ったものです。機械染めではなく、手染めのプロセスを語るものであり、歴史的にも興味深いものです。




上の写真のように、布がプリントされていました。

たとえば、「マリメッコの布」で売っている、脇坂克二さんの「ウクライナ」




「ヴィンテージ布雑貨」にあるマイヤ・イソラの「アナナス(パイナップル)」



などに、この線が見られます。

今回は、『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン』から、伊花で売っている布として、メッツォヴァーラの「サヨナラ」(1966年)について少し。43ページに色違いの布が2枚載っています。

メッツォヴァーラは、北欧、ヨーロッパ、北米など国際的にも知名度の高いフィンランド人デザイナー。1927年生まれで、ミッドセンチュリー(20世紀半ば)に活躍したデザイナーとしては、数少ない存命中の人です。「サヨナラ」の他、「ニッポン」(1950年代)、「サムライ」(60年代)という名前の布もデザインしており、当時の日本趣味のようなものを感じさせますが、どれも非常に手に入りにくい、というか私は「サヨナラ」以外は見たことがありません。




本では、ベージュと若草色をベースとした布が2枚。それぞれ折りたたまれて、一部写っています。

伊花で扱っているのは、オレンジと茶を混ぜたような色をベースとし、グリーン、ピンクなどを使ったやや派手目の布です。袋型のクッションカバーとして縫われていますが、あまり上手に縫われていないので、はぎれとして使う手もあります。






2009年には、フィンランドでメッツォヴァーラについて博士論文が書かれており、それについても紹介していきます。

今日のニュースで大きな扱いを受けたのは、クリスティナ・イソラのデザイン盗作問題。クリスティナは、マリメッコのスターデザイナー、マイヤ・イソラの一人娘。1946年生まれで、フリーのデザイナーとして、何十年にもわたってマリメッコにデザインしている。

彼女が2007年にデザインした、「メッツァンヴァキ(森の人たち)」が、ウクライナ人フォーク・アーチスト、マリア・プリマチェンコの「旅するネズミ」(1963年)にそっくりで、唯一の違いはネズミたちがいないことに気づいたのは、ヘルシンキに住む美術愛好家。



上がマリア、下がクリスティナの作品。



マリア・プリマチェンコは、独学で学んだ画家で、「素朴派/ナイーブアート」のようなスタイルで描く人。

夕方には、クリスティナは談話を発表。それによると母が遺した画集にあったウクライナ人画家の作品からインスピレーションを受け、そのヴァリーションをデザインした。その時は、著作権のことや盗作にあたること等考えていなかった。どうしてそんなことをしてしまったのか自分でもわからないが、その行為を今は恥じ、謝罪するという。

マリメッコの創設者アルミ・ラティアの息子で、デザイナーのリストマッティが、「なぜクリスティナともあろう人が」と驚きを隠せない様子がテレビで映された。

フィンランド航空は、機体に「メッツァンヴァキ」を描いた飛行機を日本などに運航しているが、その絵を消す費用などをマリメッコに請求する考えだという。またウクライナ側は、著作権侵害の訴えを起こす構えでおり、この問題はしばらくメディアを騒がせそうだ。

私がフィンランド語から翻訳した本、「北欧フィンランドのヴィンテージデザイン」。そこに載っているヴィンテージと同じものは、いくつか伊花でも売っているので、順に紹介していきたいと思います。

始めは、マイヤ・イソラがデザインしたラウタ・サンキュ(鉄のベッド)。「北欧フィンランドのヴィンテージデザイン」では、30ページと38ページに載っています。オリジナルデザインは、1961年で最近復刻されました。

30ページでは、壁の左端にあり、白地にグリーン、ファブリックパネルになっています。




もう一つは38ページで、マリメッコの人気テキスタイルを紹介するページ。真中が若草色のラウタ・サンキュです。




ややアブストラクトなデザインで、書道の筆づかいを思わせるような、勢いのあるタッチが新鮮です。


伊花が「こものあれこれ」のコーナーで売っているのは、紫色のヴァージョン。新しい色で復刻され、テフロン加工され布で作られたクッションカバーです。色が違うと、まったく異なる印象になるんですね。インテリアが個性的になります。しっかりしていて、厚みと重みのある布です。テフロン加工されているので、シミがつきにくく安心です。

「ヴィンテージ布雑貨」で売っているマリメッコの白黒布のバッグ。やや時代が下がって、80年代のヴィンテージです。

きなりの地に、約1.1センチ幅の黒い線が配置されています。線はちぎられたように、端がギザギザ。市松模様に近い配置ですが、二色がきっちり並べられていません。面白い感覚を感じさせます。地味な柄だけど、おしゃれ。どこか日本的な感じがし、恐らく石本藤雄さんのデザインだろうと思います。







先日、たまたま行ったマリメッコのお店に、同じ布を使ったワンピ―スがありました。復刻されたのでしょう。この布と別の白黒柄を組み合わせた夏のワンピースで、おしゃれでした。携帯で写真をとってくれば良かったな。

手編みのレースが好きです。ヨーロッパには、いろいろなタイプのドイリーがありますが、フィンランドではしっかりした糸を使い、厚めに仕上げるものが多いです。「漁師の糸」と呼ばれる糸もあり、恐らく漁師さんが漁の時に使っていたものに似ているとか、同じようにしっかりしているとか、そういった理由があるのだろうと思います。


レース編みの模様や形には、本当に驚くほどのバリエーションがあって、針と糸だけのシンプルなアートなのに、編めない模様はないようです。個人的にコレクションもしており、一部は壁の飾りにしています。





皆様もいろいろな使い方をお楽しみください。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM