最近目覚めた、生チョコレート作り。数年前、こちらでは生チョコレートやオーブンで焼かない生ケーキブームがあり、時々いただいて、おいしいと思ったけど、自分では作らなかった。生チョコレートというのは、42度以下の低温で処理されたカカオマスを使ったチョコのことです。

 

これは、カカオマス+カカオバター+コンデンスミルクを混ぜて、紙型に入れ冷蔵庫で冷やしたもの。すごく簡単です。レーズンとピーカンナッツのかけらを雑に飾って、見た目はよくないけど美味♪ カカオマスというのは、結構ハードな味。それが、コンデンスミルクで和らぎつつも、普通のミルクチョコではない深みのある味に。

 

自分で作ると、たっぷり厚みのあるチョコになるのも良いです。カカオ70%のチョコとか売ってるけど、なぜか薄いですよね。あれ、不満。

 

 

時々、オートミールのクッキーを焼きます。これは、バターや油は使わず、ピーナツバターたっぷりのピーナツバタークッキー。

クッキーは簡単だし、ケーキと違って日もちするので便利。長く楽しめてお得な気分だし。

 

 

友達が来たので、お茶しました。

 

 

 

9月に入って、暖炉を暖めたのは4−5回でしょうか。最近の気温は10度〜15度位。家の中は、22度〜23度位が快適な感じです。

 

 

春、リノベした暖炉。30センチ背を高くして、白く塗り、後ろの壁を茶色にしました。暖かさは、翌日まで持続します。

こちらでも暖炉は人気があるけど、どの家にもあるというわけではなくて、お客様が来た時は、夏でも火を入れると喜ばれます。

 

 

秋なのだけど、まだ結構お花が楽しめて楽しい。まず、あじさい。日本であじさいは、梅雨時のお花だけど、こちらでは晩夏から秋の花。小さなお花が丸く集まって一つのお花に。

 

 

これは、白い子。

 

 

少し違うタイプで、こういう子もいます。

 

 

つるバラも咲いているし。

 

 

これは、小さなクレマチス。

 

 

名前を忘れたけど、秋の花です。

 

 

これも秋の花。

 

 

夏の花なのだけど、まだがんばっている子。

 

 

夏はピンクのお花、秋はオレンジの実をつけるク―サマの木。でもこの実は毒があるので、もっぱら目で楽しみます。

 

 

 

 

 

今年も、暖炉用に薪を買いました。6立方メートル。裏のテラスは薪でいっぱいに。

 

 

何年かかけて、完全乾燥した白樺の薪。機械で乾燥した薪もあるけど、こういう自然乾燥の薪が好き。機械で乾燥すると、表面が茶色っぽくなって、どこか不自然な感じ。自然乾燥だと、白樺の白さが残ってきれいです。

 

 

端部分は、薪を3本ずつ縦横に積むと崩れず自立するんですね。すごい!でも、いちおう支えもしています。

 

 

 

 

秋になっても、時々しているジャム作り。今回は、アロニアです。

アロニアは、こちらではよく垣根にする灌木ですが、家には2本だけ植えてあります。そのベリーは、抗酸化物質とかいろいろ含んでいてすごく健康にいいらしい。皮は硬くて、黒に近いような色。酸味があって、そのまま食べてもおいしくない、珍しいタイプのベリー。

 

 

でも、ちょっと洗えばすぐ使えて、カシスとかブルーベリーに比べると手間がかからない。

下は、ジャムにした所。ジャムにしても、やはり皮が少し硬くて口に残るので、漉してソースにしたり、ジュースで飲むのもいい感じです。

 

 

 

 

もう落ち葉の季節です。庭の落ち葉はこんな感じ。お隣の白樺の葉でしょう。

 

 

芝生が嫌いな私。前は芝もあったのだけど、今はクローバーやその他いろいろな雑草に押されて見えず、よしよしとほくそ笑んでいます。

 

 

あっという間に、夏は駆け抜けていった感じ。もう秋が始まっています。

この夏も、ジャムを作りました。今年は、ラズベリーが豊作。

 

 

ラズベリーって同時期にまとまって熟すのではなく、少しずつ熟していくので、毎日、見に行って摘んでくる楽しみがあります。淡いグリーンは、これから熟す子たち。

 

大体、毎日これ位の収穫がありました。完熟する前に摘むと、翌朝ちょうどいい感じ。

 

 

ラズベリーとブルーベリーのミックスジャムは、「女王のジャム」と呼ばれていて確かに美味。ラズベリーだけ、ブルーベリーだけのジャムより風格のある味です。

 

下は、今年のカシスの収穫。6キロ近くあります。

 

 

結局、今年は合計15キロ弱のベリーをジャムにしました。去年は21キロ位作って、まだ残っていて、2016年のヴィンテージ・ジャムに。

 

ジャム用冷蔵庫の様子。リサイクルのビンを使用して、あまり見た目がよくないな。でも、味で勝負だ。下2.5段が今年、上1.5 段が去年のジャムです。

 

 

自家製のジャムを食べたら、普通のお店のジャムは食べられない。

作るのは簡単で、1年中楽しめる。光に満ちた夏の思い出も詰まっています。

 

 

家のこの夏のヒットおやつ。

いろいろなベリー、クリーム、コームハニーなどを好きに楽しみます。クリームは、泡立てた生クリーム+コンデンスミルクを混ぜたもの。そのままでも良し、冷凍すれば、おいしいアイスクリームになります。

 

大好きなコームハニ―。

 

 

最初の写真のオレンジ色のベリーは、ラッカというベリー。大体、北部フィンランドで採れるベリーで、美味です。

 

カルフンマリヤ(クマのベリー)は、英語ではボーイズンベリー。黒ブドウのような味です。

 

 

一粒が大きい。

 

台に使っているのは、全粒粉の薄いライ麦ブレッド。少し甘くてレーズンとひまわりの種入り。

 

 

ベリーで楽しむ短い夏です。

 

 

マリメッコの布のデザインにもある、ク―サマという植物。デザインされているのは、ツル植物タイプのク―サマ。

これです。細いお花が一つずつ開いていく。茎の曲線もきれい。

 

 

 

ク―サマという木もあって、3メートル位になるので灌木かな。かわいいピンクのお花をつけます。結構大きさがある木に、小さなお花♪ 好きな木です。

 

 

 

庭の片隅コーナーを少し大きくしました。コーヒーやお茶を楽しみます♪

 

 

手前の植物は、ヴィヒマ。石本藤雄さんのヴィヒマという名前の布があるけど、同じ植物です。

後ろは、リラの木。リラは大きくて美しい木。寒さに強くて、特に手入れも要らず、こちらではよく見かけます。

 

通路の横に春植えた、ウニッコが咲いています。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM