この前、日本から来た友人が持って来てくれた羊羹。

きれい、かわいい、春らしい、おいしい♪

 

 

正統的にこういうのもいいです。

 

 

 

 

まだ寒いながらも、春めいてきています。

庭に出れば、小鳥たちのさえずり。

これからは、日がどんどん長くなって行くし。

庭で見た、きれいな空です。

 

 

卵が大好き。

よく買うのは、放し飼いで養鶏をしている所の卵。市場に売りに来ることもあるし、車で買いに行くこともあります。

30個が1単位。いつも60個買います。多いようだけど、冷蔵庫に入れる必要はなくて、結構長持ちするので便利。

スーパーの卵より少し高いけど、味と濃厚さが全然違う。

 

 

半熟感たっぷりのオムレツも好きだけど、一番楽ちんなのはこれ。

 

 

昔、990円で日本で買った温泉卵作り器。中に卵とお湯を入れて10分位待つだけ。

トロトロでおいしいゆで卵が食べられます。

 

 

今日の朝は、マイナス23度位。

 

 

北欧基準でも厳しい寒さ。シベリアから寒気が流れてきているのだけど、2月末でこの寒さは珍しいそうです。

だけど、寒い時の空気って澄みきってキーンとして、気持ちいいです。

 

 

今日の朝、窓越しに見た温度計。マイナス17度位で、この冬の最低気温でした。

 

 

寒さの感じ方は、風があるかないかによっても大きく違い、今日は風がないのは幸い。最近は、どんどん日が長くなっていて、太陽も輝き、春に向かって動いている気配です。

 

 

ストックホルムから来た友人が持って来た、おみやげの箱。うわ〜、すてき。

 

 

開けてみたら、無造作に折り重なる中身。飛行機の手荷物が小さくなるように、詰め込んでもらったそうです。

 

 

こういう焼き菓子、大好き。

 

 

グリーンのマジパンのプリンセスケーキとセムラ。

 

 

ブルーベリージャム、アーモンド・クリーム、スライスアーモンド、アイシングの大型ペストリー。

 

 

オートミールを乗せたパン。

 

 

老舗のカフェで買って来てくれたもの。お菓子大好きの私に、最高のおみやげでした。

 

最近、気に入っているコーヒーの豆は、イッリ。イタリアのブランドです。

右はエスプレッソ、左は普通のコーヒー。どちらもダークロースト。

 

 

缶もかわいいです。

この時期、北欧ではセムラというお菓子を食べる習慣があります。

フィンランド語では、ラスキアイス・プッラ。それほど関心がなかったのだけど、今年はなぜかセムラ再発見。スーパーで売っているのは、パサパサしていてあまり美味しくないので、近くのカフェで自家製セムラを買ってみました。

 

まずこれ。特大サイズでクリーム満載。中には、アーモンドペースト。完食は無理でした。

 

 

次の日はこれ。小ぶりで上品。上には白いザラメ糖、中はジャムです。

 

 

さらに翌日は、これ。これも小ぶりで上品、粉砂糖、ジャム系。持ち帰る時、少しつぶれました。

 

 

クリームで華やかさを装っているけど、セムラの美味しさは地味。台になっているのは、カルダモン入りのごく普通の生地。でも、噛んでいると、これって実は味わい深いのかもという感じもしました。

 

 

最近、結構雪が降り、少し積もりました。

温度も下がって、マイナス8度位。

朝起きたら、ガラス張りにしたテラスの窓に雪の結晶がついていました。

 

 

ラップランド北部を旅していました。

白くて美しい別世界でした。

 

 

最低気温はマイナス23度程で、南のヘルシンキ周辺でも、時にはそれ位になることもあり、極寒というわけではなかった。川も流れの早いところは、凍っていなくて。

小高いゆるやかな丘の連なりが美しいです。

 

 

車の前に、時々トナカイたちが現れました。

 

 

 

野生というわけではなくて、所有者の印をグリーンのペンキ(?)のようなものでつけた子たちもいました。

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM