『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン」に載っているマイヤ・イソラの「タイヴァーンクカットゥ(天の花)」。1970年のデザインです。

32ページでは、左上の写真右側に



33ページには同じグリーン系の布が、左側に写っています。



伊花、「こものあれこれ」にあるのは復刻布で作られたマリメッコのクッションカバー。
濃い目のブルーの地に白い花と紺の葉が散るかわいいデザイン。
テフロン加工されたしっかりした生地です。



近くで見ると、ポップでかわいいお花と葉っぱが。

『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン』には、30ページと37ページにフィンレーソン社の「タイミ(苗)」が載っています。
デザインは、アイニ・ヴァ―リ。1961年の作品です。

30ページでは、ソファの右端。モノトーンのクッション。



37ページは白黒の写真、真中にあります。



60年代にとても人気のあったデザインで、フィンレーソンが復刻しました。
伊花の「こものあれこれ」または、ブランド名で探す→Finlayson にあるクッションカバー「タイミ」は、この復刻布によるフィンレーソンの製品です。
未使用の製品を現地発ならではのお値段でお届けしています。





北欧デザインというとシンプル、無駄がないというイメージが強いのですが、そうではない装飾的な系譜もしっかりとあります。
今シーズン、この紫のタイミはフィンランド郵便の封筒のシリーズにもなっています。

『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン』に載っていて、伊花で売っているメッツォヴァーラの布として「フサ―リ(騎兵)」があります。42ページの写真で、ふわりと椅子に背にかけられている布。グリーン系の「フサ―リ」です。



1963年のデザインで、ヴィンテージならではのしっかりした厚みのある布。伊花、「メッツォヴァ―ラの布」で扱っているのは、美しいパープル系です。



同じ柄でも、色によってまったく印象が異なるのが面白いです。

『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン』第2章のタイトルは、「色彩と巨大な花柄」。本には、巨大な花柄の布は出てこないのですが、特に60年代の花はとても大きい。ウニッコだってかなり大きいけれど、それよりはるかに大きいのです。

伊花で扱っているものとしては、フィン−ヘレン社の布があります。たとえば、ヒマワリの花。ど、ど、どうしてここまで大きいのっ?



もう一つ、フィンーヘレン社、リトゥヴァ・クロンルンド・デザインの「ティーローズ」は巨大なバラ。これは、健康的なヒマワリとは違う少し妖しい雰囲気。



リトゥヴァ・クロンルンドは、壁紙のデザインでよく知られていて、多数の作品がある中、ブルーの地の「ペルホネン(蝶)」が特に有名です。やや図案化された美しい蝶たち。『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン』には、138ページに「ペルホネン」が載っています(右側)。



また、139ページにはクロンルンドの別のスタイルの壁紙「ハハトゥヴァ」が載っています(左)。

伊花で扱っているマリメッコのヴィンテージ布で、表か裏に線が入っているものがあります。

それは、手染めでプリントしていた時代の布に見られるもの。大きな枠を使って、長い布に手染めしていましたが、枠を移動する時にその型が裏側に残ったものです。機械染めではなく、手染めのプロセスを語るものであり、歴史的にも興味深いものです。




上の写真のように、布がプリントされていました。

たとえば、「マリメッコの布」で売っている、脇坂克二さんの「ウクライナ」




「ヴィンテージ布雑貨」にあるマイヤ・イソラの「アナナス(パイナップル)」



などに、この線が見られます。

今回は、『北欧フィンランドのヴィンテージデザイン』から、伊花で売っている布として、メッツォヴァーラの「サヨナラ」(1966年)について少し。43ページに色違いの布が2枚載っています。

メッツォヴァーラは、北欧、ヨーロッパ、北米など国際的にも知名度の高いフィンランド人デザイナー。1927年生まれで、ミッドセンチュリー(20世紀半ば)に活躍したデザイナーとしては、数少ない存命中の人です。「サヨナラ」の他、「ニッポン」(1950年代)、「サムライ」(60年代)という名前の布もデザインしており、当時の日本趣味のようなものを感じさせますが、どれも非常に手に入りにくい、というか私は「サヨナラ」以外は見たことがありません。




本では、ベージュと若草色をベースとした布が2枚。それぞれ折りたたまれて、一部写っています。

伊花で扱っているのは、オレンジと茶を混ぜたような色をベースとし、グリーン、ピンクなどを使ったやや派手目の布です。袋型のクッションカバーとして縫われていますが、あまり上手に縫われていないので、はぎれとして使う手もあります。






2009年には、フィンランドでメッツォヴァーラについて博士論文が書かれており、それについても紹介していきます。

私がフィンランド語から翻訳した本、「北欧フィンランドのヴィンテージデザイン」。そこに載っているヴィンテージと同じものは、いくつか伊花でも売っているので、順に紹介していきたいと思います。

始めは、マイヤ・イソラがデザインしたラウタ・サンキュ(鉄のベッド)。「北欧フィンランドのヴィンテージデザイン」では、30ページと38ページに載っています。オリジナルデザインは、1961年で最近復刻されました。

30ページでは、壁の左端にあり、白地にグリーン、ファブリックパネルになっています。




もう一つは38ページで、マリメッコの人気テキスタイルを紹介するページ。真中が若草色のラウタ・サンキュです。




ややアブストラクトなデザインで、書道の筆づかいを思わせるような、勢いのあるタッチが新鮮です。


伊花が「こものあれこれ」のコーナーで売っているのは、紫色のヴァージョン。新しい色で復刻され、テフロン加工され布で作られたクッションカバーです。色が違うと、まったく異なる印象になるんですね。インテリアが個性的になります。しっかりしていて、厚みと重みのある布です。テフロン加工されているので、シミがつきにくく安心です。

「ヴィンテージ布雑貨」で売っているマリメッコの白黒布のバッグ。やや時代が下がって、80年代のヴィンテージです。

きなりの地に、約1.1センチ幅の黒い線が配置されています。線はちぎられたように、端がギザギザ。市松模様に近い配置ですが、二色がきっちり並べられていません。面白い感覚を感じさせます。地味な柄だけど、おしゃれ。どこか日本的な感じがし、恐らく石本藤雄さんのデザインだろうと思います。







先日、たまたま行ったマリメッコのお店に、同じ布を使ったワンピ―スがありました。復刻されたのでしょう。この布と別の白黒柄を組み合わせた夏のワンピースで、おしゃれでした。携帯で写真をとってくれば良かったな。

1

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM